This Is Shooto.

f:id:hynm_ken:20140505202140j:plain

先日の5月5日、修斗のカリスマ佐藤ルミナ選手が現役を引退した。

 

ルミナ伝説を今更ここで述べるのは野暮だが、自分も同じ時代を過ごしたファンのひとりであるということだけは記しておきたい。

ルミナ選手がマンガの主人公みたいにミラクルで破竹の一本勝ちを続けていた90年代、プロ修斗はもちろんアマチュア修斗まで見に行っていた。ついでにブラジリアン柔術の大会(留美奈名義で出場していた)も見学していた覚えがある。でもそれがそんな特殊な事ではなかった。雑誌Relaxの後ろのほうに格闘技のページがあって、自分はそこで毎号何かしら撮らせてもらっていた。そういう熱気にあふれた時代だった。

それから約20年。引退式が行われた修斗25周年大会の後楽園ホールは、当時の雰囲気がみなぎっていて何だかとても懐かしい気がしていた。

 

引退に華を添えたいと直談判して出場した宇野薫選手をはじめ式典に集まったたくさんのゲストの顔ぶれを見ていて、ルミナ選手が格闘家の枠を越えたスケールで時代を動かしてきた事がひしひしと伝わった。

この熱量を受け継ぐ人間はなかなかいないかも知れないけど、これからまたルミナくんには第2章として暴れ回ってみんなを巻き込んでいってほしい。

とりあえずはルミナ選手お疲れさま。

 

余談だが、この後行われた宇野薫選手対土屋大喜選手の試合は文字通りThis Is Shooto! と呼ぶにふさわしい名試合だったことを付け加えておきたい。